キャッシング審査は返済能力がポイント

金融機関から融資を受けたいと思ったら、まずは申し込み手続きをします。
しかし、手続きが無事に終わって申し込みを受け付けてもらえても、その後には審査が待っています。そ
の審査を通過して、はじめて融資を受けることができるようになるのです。

そして、具体的な融資金額も、その審査によって決まるのです。そのような審査のシステムは銀行でも貸金業者でも、またはそれ以

外の金融機関でも、基本的には同じです。
ところで、貸金業者の代表格的存在であるキャッシング会社の審査は、数多くの金融機関の中でも審査の難易度が低いことで知られ

ています。そんなキャッシング審査ですから、健全な社会生活を送っている普通の社会人なら、審査には普通に通ると考えて間違い

ありません。
その審査の本質とは、一言で言うと、返済能力と社会的良識を持ち合わせた人であるかどうかの確認作業と言えます。

具体的には、その人の属性と個人信用情報をチェックすることで行われます。属性というのは、経済力や社会的信用力に関係する個

人情報のことです。たとえば、勤務先の企業規模、年収、勤続年数、他です。
また、個人信用情報というのは、指定信用情報機関から金融機関が入手できる情報のことです。

それはどんな情報かといえば、その人の現在の借り入れ金額と借り入れ件数、それに金融機関からの今までの借り入れ利用歴、それ

から金融事故の有無などの履歴のことです。

キャッシング審査においても、そのようなことをチェックされるのです。
ですから、もしも審査に落ちてしまうということは、属性や個人信用情報に何らかの問題があったという結論になります。たとえば

、一般常識的に考えて極端に年収が低かったり、既に他社から多額の借り入れをしていたり、または、金融事故を起こしていた人だ

ったり、といった具合です。

こうした問題があると、易しい審査のキャッシング会社といえども、さすがに審査に通るのは厳しくなってしまうのです。