借りるなら消費者金融か銀行ローンか

借入をしたい場合、消費者金融か銀行ローンどちらがいいのか迷うこともあると思います。一般的に銀行ローンのほうが利息が低く返済もしやすいことから銀行ローン一択だと考える方も多いかと思いますが、消費者金融には銀行ローンにないメリットもたくさんあります。

まず銀行ローンでは審査が厳しいです。また担保がない場合は限度額も低くなりがちです。消費者金融では一定期間の安定した収入があれば審査に落ちるということはほとんどないため、誰でも気軽に借入することができます。また審査に時間のかかってしまいがちな銀行ローンに比べて、消費者金融では、特に大手ですと即日に申し込みから融資まで行ってもらえることも可能になっています。

借入をする際は自分にあった場所で行うことが一番です。

消費者金融と比べる銀行系カードローンのメリット

キャッシングを選ぶ場合は、安全に利用できる業者を利用したいものですが、銀行系のキャッシングは安全に利用できるので非常に人気です。また銀行のキャッシングが人気の理由は安全面だけではありません。他にも多くのメリットがある銀行のキャッシングを上手に利用してみましょう。

銀行のキャッシングのメリットを考えた場合、消費者金融よりも低金利になっていることが挙げられるのではないでしょうか。金利によって返済額は大きく変わってくるので、金利をなるべく低くしたいものです。銀行の低金利のキャッシングは、長期的な利用にメリットがあるので、長期的に借入をする計画を立てた場合は銀行のサービスを選ぶようにしましょう。

またキャッシングを利用したい場合に気になるのが、、限度額ではないでしょうか。しかし銀行のサービスの場合は限度額の制限を受ける事はありません。もちろん利用者の審査内容でも限度額に違いがありますが、消費者金融のように限度額を年収の三分の一以内と定めるように決まりはありません。

多くの融資は必要な場合は、消費者金融ではなく銀行に相談するようにしましょう。このように銀行のキャッシングやカードローンは、様々なメリットがあるので利用を検討しても良いのではないでしょうか。