学生のキャッシングは慎重にしましょう。

学生が消費者金融でお金を借りるのは本当に危機的な状況のみです。また、申込みしても審査で落ちる場合があります。10万円までが限度みたいです。

お金がバイトなどで入り次第すぐ返済しましょう。キャッシングの返済方法は、リボルビング払いといったもので毎月一定額を返済するといったもので負担が少ないようになっています。

しかしデメリットもあり、負担がすくない分完済するまで時間がかなりかかってしまいます。つまり、利息を多めに払ってしまうということです。

払える月は追加返済でいつもより多く返済していってください。あと気をつけたほうがいいことはキャッシングをして返済でのトラブルがあると履歴に残ってしまい就職活動などで不利になってしまい損をしてしまうことがあるので慎重に利用しましょう。年収を証明するための書類として、学生本人の源泉徴収票と給料明細2か月分のコピーが必要です。

学生のキャッシングは保証人は必要はなく、無担保です。しっかり返済していれば、親に連絡がいくこともないので大丈夫です。だからといって安心しすぎは危険です。

学生ローンを一度借りると、初めての借りいれということで審査を容易に通過してしまうので、金銭感覚が崩壊しないようにしましょう。